英会話を教える外国人と日本人講師の違い

都内の英会話教室を様々な角度から比較

東京都内で評判!!英会話教室一覧

ネイティブと日本人、どちらの講師から教えてもらうべき?

みんなの疑問を解決します!

ネイティブと日本人講師のメリット・デメリットは?
日本人講師の方が丁寧なの?

最近の英会話教室は、ネイティブ講師が教えるということをアピールしているところもあれば、逆に日本人講師が丁寧に教えることをウリにしているところもあります。それで、どちらにすればいいの……と悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

しかし「どちらの講師がいい」ということは、一口には言えないのです。というのも、ネイティブ講師を選ぶにしても、日本人講師を選ぶにしても、自分の英語レベルや目的がどちらの講師と合っているか、ということが大切だから。

そこで、ネイティブ講師と日本人講師、それぞれのメリットとデメリットを詳しく解説します!

ネイティブと日本人、どちらの講師から教えてもらうべき?

ネイティブ講師のレッスンを受講するメリット

ADVANTAGE01生きた英語を学べる
文法に縛られない自然な表現を学べる

英語を母国語とするネイティブ講師のメリットといえば、やはり生きた英語に触れられること。発音だけでなく、いわゆる文法に縛られない自然な表現を学べますし、異国の文化を知ることで、モチベーションも上がります。そんなネイティブ講師からレッスンを受ければ、会話力やリスニング力の向上も期待大。

ADVANTAGE02外国人に慣れる
会話力だけではなく、身振り手振りや顔の表情も身につく

レッスンのたびにネイティブと会話することで、外国人と話すことに慣れますし、自信もつくはず。英語力だけでなく、身振り手振りや顏の表情でのコミュニケーションも、自然と身につきます。

ネイティブ講師のレッスンを受講するデメリット

DEMERIT01意思の疎通がうまくいかないこともある
英語力が足りないと誤解したままレッスンが進んでしまうことも

ネイティブ講師は日本語を完璧に理解してくれるわけではないので、意思の疎通がうまくいかないこともあります。ときには誤解したままレッスンが進んでしまうことも。とくに日本語が苦手なネイティブ講師が担当になると、何を教えてもらっているのか分からず、ただ会話をしているだけ、ということにもなりかねません。「これなら、お金を払ってレッスンを受けなくても、街中で外国人をつかまえて話しかけたほうがよかった」なんて思ってしまったらもったいないですよね。そういった意味ではネイティブ講師を希望するのなら、前もってある程度の英語力をつけておく必要がありそうです。

DEMERIT02きめ細かなレッスンは期待できない
英語を上手に教えられるかどうかは別の話

ネイティブは外国語として英語を学んだ経験がないので、その点で理解してもらえないことがあるということは覚えておきましょう。英語を話せるということと、英語を上手に教えられるということは別の話です。日本人の気持ちを理解したきめ細かなレッスンは、あまり期待しないほうがいいかもしれません。

日本人講師のレッスンを受講するメリット

ADVANTAGE01生きた学習方法を学べる
日本人の気持ちや苦手なところを理解して指導してくれる

日本語が通じるのでコミュニケーションに不安がないことと、日本人の気持ちや苦手なところを理解して指導してくれるところが日本人講師のメリットです。そもそも、講師自身が外国語として英語を学んだ経験があるので、実際の経験を通したコツなども教えてくれるでしょう。ネイティブ講師から「生きた英語」を学べるのに対して、日本人講師からは「生きた学習方法」を学べる、といえるのではないでしょうか。

ADVANTAGE02文法などをしっかり学べる
講師自身が学んだ経験から英語の文法についての知識が豊富

細かい文法などをしっかり学びたい場合は、意外と日本人講師のほうが頼りになります。日本人が日本語の文法をとくに意識しないように、ネイティブも、英語の文法はあまり意識していません。ですから日本人が気になるような文法の疑問を質問しても、あまり丁寧に答えられないこともあるのです。

日本人講師のレッスンを受講するデメリット

DEMERIT01ネイティブほどきれいな発音ではない
英語に堪能でも母国語でない以上、語彙力はネイティブより劣る

やはり発音においては、ネイティブほどきれいでないことが多いでしょう。言い回しやスピードなども「映画などで聞くのとはちょっと違うな」と感じることがあるかもしれません。また、どんなに英語に堪能でも、母国語でない以上、語彙力はネイティブより劣るでしょう。

DEMERIT02どうしても甘えが出てしまう
日本語が通じるという安心感が、逆にレッスンの質を下げる

日本語が通じるという安心感が、逆にレッスンの質を下げることもあります。これは講師だけでなく、生徒側の意識の問題でもあるのですが、たとえばわからないことがあったとき、頑張れば英語で質問できるのに日本語を使ってしまったり、本当は使ってみたい英語表現があるのに、日本人相手だからはずかしくてためらってしまったり……ということもあるようです。これは緊張感がないということにもつながります。講師が日本人ということで、どうしても甘えが出てしまうケースも少なくないようです。

結論!!!
どちらの先生に習ったほうがいい?

英語初心者やTOEICなどの試験のために学ぶ場合は、日本語講師がおすすめです。初心者は、いきなり日本語の通じにくいネイティブ講師だと、必要以上に緊張してレッスンに集中できない可能性があります。それよりは、日本人講師から安心して学ぶほうがいいでしょう。
また英語を聞いてある程度理解できる中級者以上の人で、生きた英語を学びたいという場合は、ネイティブ講師を選ぶといいでしょう。聞いて理解するだけでなく、英語で言いたいことを表現する力がつきます。レッスン中もレッスン後も、講師とのコミュニケーションをすべて英語でしなければならないという状況が、英語力上達につながりますよ。

どちらの先生に習ったほうがいい?

英会話教室おすすめ3選

英会話教室おすすめ3選